振られた後 脈あり 態度

振られた後に脈ありかを態度で確認できる?

スポンサーリンク

恋人に振られた後、どうしても復縁を望むのであれば脈ありなのか態度を確認する必要があります。
男女共に振られるにはそれなりの理由が存在している訳ですが、男性の場合は仕事が理由であったり変に真面目な付き合いを考えて自分では大事に出来ないなどの安易な理由が原因だったりします。
女性の場合も、相手への気持ちがなくなった訳ではないのに距離を置きたくなってしまって別れを切り出す場合なども充分にあり得ます。
まずは振られた後に、何故振られてしまったのかという理由を明確にしましょう。
もしも連絡が取れない場合は、友人伝いにそれとなく話を聞いてもらうのが一番でしょう。
あまり振られた後、脈ありのまま別れを切り出されているのにしつこく事情を聞くような態度を示せば、逆効果で相手が一歩引いてしまいますし折角の復縁のチャンスを逃します。
連絡が取れる状況であっても自分の方から詮索するのは避けて、最初は共通の友人に頼るか相手からの連絡を待つ方が効果的です。

スポンサーリンク

連絡を待つだけでは物足りなく思うかもしれませんが、脈ありであれば必ず相手の方から連絡をしてきます。
これは振った側が未練がたっぷり残っており、結局は好きなのに別れを切り出したという例になります。
男女共に、余程の家庭の事情や仕事、住む場所の距離感で好きだけど別れるという決意にならない限りは、音信不通同士であっても記念日やどちらかの誕生日にコンタクトを取ることが多いでしょう。
音信不通ではなく会える状況にある場合は相手の態度に目を向けるのが一番です。
同じ学校や職場で、何度も目を合わせることがあれば相手が気になって自分を見ている証拠でもあり振った側なのに意識して目で追っているのです。
逆に全く視界に入らず、逃げるような態度を示している場合でも脈ありの可能性があります。
この場合は、自分が振った側なので顔を合わせるのが辛いと自分を守る為の行動をしているケースです。
もし振られた側から行動に出るのであれば、元恋人としてではなく友達としての距離感を保って連絡を取り合ってみると良いでしょう。

スポンサーリンク