好き避け 嫉妬 女性 しぐさ

嫉妬から好き避けをしてしまう女性のしぐさとは

スポンサーリンク

好き避けとは好きな相手のことを意識して避けることを指します。
これは自分の気持ちに素直になれない人や、異性との接し方が分からない人によく見られるものです。
では、嫉妬から好き避けをしてしまう女性がするしぐさとは何かと言いますと、それは相手を見つめることです。
これは直接不満を相手にぶつけられないため、ついそうしてしまうのです。
自分以外の女性が気になる相手に近づいていないかどうかを確かめる、という意味もあります。
そのため、いつも同じ女性から睨まれているような気がするという男性は、それは嫌われているからではなく、嫉妬心からそうしているのだと考えるようにしましょう。
人間は嫌いだと感じている相手のことをずっと見つめような真似はしません。
そのため、どうしても相手の顔色が気になるというのであれば、自分から話しかけるようにしましょう。
このとき、向こうがうれしそうに応じてくれたのであれば、根の部分では自分が好きなのだと考えて差し支えありません。

スポンサーリンク

好き避けから嫉妬する女性がよくやるしぐさとしては、気になる男性から挨拶をされても、顔をぷいとそらして無視するというのがあります。
これは男性側からすると、今まで普通に接してくれていたのに、急に無視されるようになった、という風に映ります。
しかしこれは、女性側が相手の男性を恋愛対象として意識し始めた証拠でもあります。
人間はどうでもよいと感じている異性が、誰と交際し初めても気にしませんが、好きな相手となると話は別です。
男性側が相手の気持ちを確かめる方法としては、雑談の機会を設け、そのときに自分の方に向かって笑ってくれるかどうかを見る、というのがあります。
女性は異性に対する感情表現がストレートであるため、嫌いだと感じている男性に笑顔を向けることはまずありません。
このとき、腕組みや足組をしているかどうかも一緒に確認しましょう。
女性がその種のしぐさをしているのなら、それは警戒心からそうしているのです。
しかしいつもオープンな姿勢で対応してくれているのなら、少なくとも嫌われてはいません。

スポンサーリンク