好き避け 嫉妬 男性 態度

嫉妬から好き避けする男性の態度とは

スポンサーリンク

好き避けとは、好きな人だからこそ避けてしまうという行為を指します。
これは恋愛に対し奥手な男性だと、よくやってしまうものです。
しかしこれを嫉妬心からやる男性もときには出ます。
彼らに共通した態度と言えば何かと言えば、好意を抱いている女性とその話し相手である男性を睨むことです。
これは好きだからそうしてしまうのです。
人間は恋愛対象として見ていない、あるいはどうでもよいと考えている相手が何をしていても、気にすることはありません。
しかし、好きな女性が自分以外の相手と親しくしているのを見てしまうと、それが態度に表れてしまうのです。
このため、友達だと思っていた男性から急に無視されるようになって困ったということがあれば、その人は嫉妬心から好き避けをしている可能性が高いと言えます。
この状況を打開したいのであれば、一緒に出かけることを提案してみましょう。
恋愛対象として見ている相手から誘いをかけられて乗らない人はあまりいないので、目安となります。

スポンサーリンク

嫉妬心から好き避けをしてしまう男性の特徴としては、相手の言動を逐一確認しようとしている、というのがあります。
これは監視しているのではなく、気になる相手が何をしているのか、無意識のうちにチェックしてしまうのです。
このため、気がついたら見つめられていることが多いというのであれば、向こうはこちらを恋愛対象として捉えている可能性が濃厚だと言えます。
彼らの態度はパソコンや携帯電話を介して送られるメールに現れることもあります。
男性はメールの返信が遅れがちになるものなのですが、気になる相手から来たものだと、彼らも最優先で処理するからです。
そしてその内容が自分以外の相手と親しくしていたことに対する愚痴であれば、嫉妬心からそうしたと解釈して差し支えありません。
このように、嫉妬から好き避けをしてしまう男性の行動というものは、傍目から見ても分かりやすいものとなっています。
相手の言動を常に気にかけていれば、すぐに見抜けるので、注意するようにしましょう。

スポンサーリンク