人見知り 女性 好き避け

人見知りする女性と好き避け

スポンサーリンク

内気な女性というものは、男性から見れば奥ゆかしい存在であるため、好ましいと感じる傾向にあります。
 しかし相手が人見知りをする方だと、好かれているのか嫌われているのか判然としないと悩んでいる男性は少なくありません。
 では、どうすれば人見知りする女性の気持ちを見抜けるようになるのかと言えば、視線をチェックすることです。
 いわゆる好き避けならば、日頃は避けていても、どうしても気になる相手のことを目で追いかけてしまいます。
そのため、気がついたら見つめられていた、何となく視線が交差することが多いのであれば、それは脈ありだと言えます。
 しかし嫌い避けだと、まず目が合うことがありません。
仮に視線が合ってもすぐにそらされてしまうため、周りもそれに何となく気付いてしまいます。
 好き避けでも目をそらすことはありますが、そちらは頬を赤らめながらうつむいたりするので、見分けはつくようになっています。
 気になる女性が人見知りならば、普段からしぐさや動向を確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

 人見知りする女性は、気になる異性が相手でも上手に会話できないことが多いのですが、メールではおしゃべりになることが多いとされています。
 これは相手と直接顔を合わせるのは駄目でも、パソコンや携帯電話を間に回するようにすれば、案外平気だという人が多いためです。
 そのため、相手に好き避けをされているのか、嫌い避けをされているのか分からないという人は、メールの返信速度と内容を確認するようにしてみましょう。
 いつでもすぐに返事が来るし、それもきちんとしたものだと言うのであれば、相手はこちらに好意を抱いている可能性が大だと言えます。
 しかし、返事が来なかったり、遅い上に素っ気ないものが続くようであれば、嫌い避けをされているものだと解釈して差し支えありません。
 飲み会のときの席なども重要チェック項目です。
席が自由意思で決められているにもかかわらず、いつも自分の近くだと言うのなら、それは好意からそうしている可能性が高いからです。
 いずれにしても、普段から観察を続けることが大切です。

スポンサーリンク