好き避け 男性 特徴 メール

好き避けをする男性の特徴はメールなどに出る

スポンサーリンク

好き避けと言えば、好きな相手だからこそ避けてしまう状態を指します。
これは学生時代ならばさほど珍しくありませんが、社会人になってもそれをしてしまう男性は時折見受けられます。
彼らの特徴とは何かと言いますと、相手の目をまともに見られないことが、まずあげられます。
好きな相手だから、その動向が気になって、つい目を向けてしまうのですが、相手から視線を返されると、慌ててそらしてしまうのです。
これは横を向くのではなく、頬を赤らめてうつむくということが多いため、それをされた側も何となく相手の気持ちが分かるようになっているのが特徴です。
こうした素直になれない男性の気持ちは、メールに現れることもあります。
これは好きな相手から送られてきたものなのに、なかなか返事を出さないというパターンです。
これは照れくさいのと、恋愛に対しガツガツとしているところを見られたくないという、彼らなりの心情が反映されたものとなっています。

スポンサーリンク

好き避けをする男性のメールには、もう一つのパターンがあります。
それは即座に返事を返してしまうというものです。
通常、男性は女性と比べると筆無精な人が珍しくないため、メールでも返事は遅れがちになります。
しかし、彼らは普段素直になれない分、メールだとおしゃべりになるのです。
また、そのときに、自分以外の男性と接していたことについて触れるのが多いのも、その特徴に含まれます。
彼らは嫉妬を感じていると口に直接出すのは抵抗感があるため、そのようなことをしてしまうのです。
好き避けをする男性の特徴としては、集団で行動するときは、好きな相手の近くになるべく寄ろうとするというのがあります。
これは相手に近づいても構わないという大義名分があるのと、他の男性に好きな人を取られたくないという防御的反応からそうしてしまうのです。
そのため、会社の飲み会などで、いつも近くに座っている相手がいるのであれば、それは好き避けの結果だと考えて差し支えありません。

スポンサーリンク