女性 嫌い避け 態度 しぐさ

女性の嫌い避け、その態度やしぐさ

スポンサーリンク

嫌い避けとは、読んで字の如く嫌いな相手だからこそ避けることを指します。
これは学生時代ならば珍しい話ではなく、ダイレクトな表現が用いられることが多いのですが、社会人ともなると、周囲との人間関係もあるため、分かりづらくなっています。
では、嫌い避けをする女性の気持ちを、態度やしぐさから察する方法はないのかと言えば、それはいくつか存在します。
まず、女性は嫌いだと考えている男性と視線を合わそうとはしません。
好き避けならば、普段は避けていても、根の部分では相手のことが好きだから、気がついたら視線が合うことがありますが、嫌い避けだと何かの拍子で目が合っても、即座にそらされてしまいます。
このため、特定の女性と目を合わせたとたんに、いつもそらされるというのであれば、嫌われていると考えてよいでしょう。
この態度やしぐさは周りからも分かりやすい反応として受け止められることが多いため、人間観察をあまりしていない人でも察しをつけることができます。

スポンサーリンク

嫌い避けをする女性がよくやるしぐさとしては、会話中も相手の目を見ようとしない、というのがあります。
これは他の仕事をしている、別に用事があるという体裁を取られることが多いのですが、殆どの場合そうなので、男性も避けられているのが何となく分かるようになっています。
会話中に目は合わせてくれるのだが、返事はいつも素っ気ないという場合も同じです。
これはあからさまに相手のことを避けると角が立つので、そうしている可能性が高いからです。
これと同じようなものとしては、集団で話しているとき、自分が振った話題だけ無視される、他の人のところへ行ってほしいと言外に示されるというのがあります。
男性は利害関係がない相手でも、その本心を態度やしぐさに示さないことが多いのですが、女性だとそれが顕著になることがあるのです。
このように、嫌い避けをする女性の特徴としては、嫌いな相手のことを徹底的に避けることがあげられます。
いつも同じ人から何となく遠ざけられていると感じるのであれば、それは嫌われているからだと考えた方が賢明です。

スポンサーリンク