女性 好き避けと嫌い避け 行動 態度

女性の好き避けと嫌い避け、その行動や態度

スポンサーリンク

好き避けと嫌い避けは、一見するとよく似ています。
特定の相手を避けようとするという共通点を有しているからです。
では、女性がそれをしているときに、その区別をする方法とは何かと言いますと、その行動や態度を確認することです。
好き避けならば、相手のことがどうしても気になるため、ついチラチラと見てしまいます。
そのため、見られている方も気付きやすく、やがて思いが通じることもあります。
しかし嫌い避けだと、嫌いな相手の顔を決して見ようとはせず、よしんば目が合ったとしても、即座に目をそらしてしまいます。
このため、好き避けと嫌い避けを見分けるコツは、視線にあります。
ことわざの中に目は口ほどにものを言うというのがありますが、それが好き避けと嫌い避けには当てはまるのです。
職場の人間関係が気になるという人は、周りの行動や態度をチェックすれば、それがだいたい把握できるようになります。
感情表現が豊かな女性ほど、好き嫌いの区別は容易となります。

スポンサーリンク

女性の好き避けと嫌い避けを見分ける方法としては、飲み会を利用するというのがあります。
好き避けをする女性なら、普段は避けていても、このときばかりは気になる相手の近くに行こうとするものだからです。
しかし、嫌い避けだと偶然から近くの席になっても、他の人に頼んで席を替わろうとしたり、相手のことを無視するという態度に出るため、非常に分かりやすくなります。
この種の行動は、メールにまで及びます。
好きな人から送られてきたものであれば、何を置いてでも返事を書く女性は多いのですが、その反面、嫌いな相手からのものだと徹底的に無視するか返事を遅らせる傾向にあるからです。
会話中の姿勢も重要チェック項目となります。
好き避けならば、相手の話に対し派手なリアクションを取りますが、嫌い避けならば無反応か腕組みをしたりするからです。
腕組みとは、無意識のうちに身を守ろうという考えが働くからこそするものなのです。
これは男性に対し腕力で劣ることが多い女性ならではの反応となります。

スポンサーリンク