男性心理 好意 言葉

男性心理からみる好意ある言葉

スポンサーリンク

女性からみると男性心理とはなかなかわからないものです。
そんなわからない男性心理の好意を言葉から読み取るためにどのようなポイントに気をつければいいか、いくつか紹介してみようと思います。
まずわかりやすいのは、優しい言葉遣いになることです。
丁寧な口調だったり友達に話すような感じではなく、例えば何か困ったことがあれば必ず話しかけてくれたり、食事や飲み会などに無理矢理ではなく誘ってくれるのは、好意ある可能性があります。
男性は好意がなければ優しくマメに話しかけたりはしないので、素直に言葉を受けとってください。
この誘いを断らず一緒に参加すると仲を深めることができます。
次に、女性からの好意ある言葉を男性からも引き出すために、積極的にアピールしてみてください。
何かことあるごとにメールやラインをしたり、食事を誘ったり、大勢でもいいので飲み会や遊びにでかける提案をしてみてください。
できれば、1週間くらい連続でさそってみてください。

スポンサーリンク

この時、注意してほしいのは相手にしつこいと思われないようにすることです。
1日に何度も連絡したり、断られているのに行くというまで誘わないようにしてください。
あくまでも、自分が相手の男性に好意があることをアピールするだけにしてください。
その後、しばらく相手にわざとそっけなくしてください。
連絡をとってもよいですが、絵文字を控えたり連絡事項だけにしたり、また好きな人の前で他の男性と親しげにしてみてください。
このギャップは男性心理にとてもよく効き、今まで自分に好意があると分かって余裕があったのに、そうではないのかもと思うと、すぐに気のある言葉をかけてくるようになります。
「ずっと断ってきたけど都合がついたので遊びにいきませんか?」とか、「最近一緒に食事してないから食事でもどうですか?」など、以前とは真逆でストレートな表現を伝えてくるようになります。
作戦自体は時間がかかりますが効果は即効性がありますので、気長に焦らずに試してみてください。

スポンサーリンク