冷却期間 2週間 復縁

2週間の冷却期間後の復縁について

スポンサーリンク

恋愛中の女性にとって、2週間という期間は相当長く感じることが多いです。
一般的な恋愛の冷却期間としては、2週間は比較的短いと考えられます。
ですが、復縁を願う女性心理においては、この2週間は非常につらいものになるのが現実です。
男性から冷却期間を置きたいと切り出された場合、2週間で積極的なアクションを起こすのは避けた方が良いと言えます。
一般的な男性からすると、2週間は非常に短い期間です。
ですので、復縁を考える心理状況にはいまだ至っていない可能性があります。
女性と男性とでは、実際、時間に関する感覚が異なります。
交際中の場合、女性からすると2週間連絡がないのは危機的状況です。
この時点で相手の不誠実を責める女性も多く、時に一気に関係が悪化します。
仕事に追われる男性にとっては、1週間はあっと言う間に過ぎていくのが本当の所です。
ですので、2週目の連絡が途絶えた場合でも余り深刻に捉える必要はないことがあります。

スポンサーリンク

冷却期間を置いている男性と本気で復縁を考える場合には、より長期的なスパンで対策を講じる必要が出てきます。
場合によっては数か月から数年程度かかることもあるのが、復縁です。
従って、その間の過ごし方を女性は考える必要が出てきます。
意中の彼のことに気をとられていると、私生活や他の交友関係に支障が出ることがあるのが厄介な点です。
ですので、出来るだけ考えすぎないことが重要となります。
復縁で失敗するのは、概して女性が焦りすぎた場合です。
女性は何らかのアクションを起こすことで、時間を有効に使っているという錯覚に陥ります。
ですが、逆に何もしない方が相手の気持ちを高めることがあるのが現実の難しい点です。
こうしたことから、冷却期間中は極力積極的な行動は避けます。
軽いメール程度でも男性からすると好意の表れと認識されることがあるため、避けた方が無難です。
一旦存在を消すことが、復縁の可能性を高めるためのアプローチとなります。

スポンサーリンク