男性心理 好意 話しかける

男性心理と好意の表現、話しかける場合

スポンサーリンク

男性心理は表面に現れづらいのが特徴です。
そのため、好意を抱いている相手に接するときも、それに気付かれにくいことが多いと言えます。
では、彼らが分かりやすい好意を示す瞬間とはいつかと言いますと、それは相手に話しかけるときです。
男性は好きでもない異性に話しかけるのを苦手にしていることが多いため、自分から雑談を振ってきたのであれば、相手のことが好きだからそうした可能性が高いと言えます。
そうした意味からすれば、女性が明らかに困っているときに、自分から助力を申し出る男性というのは、好意をストレートに表現していると言えます。
これは男性心理の常として、気になる異性の評価を、自分から動くことによってあげたいという欲求があるためです。
そのため、彼らは助けた女性に対し恩着せがましいことは言わず、見返りを要求することもありません。
故に助けられた女性も感謝こそすれ、嫌な気持ちになることはないのです。
これは計算の上で行われることもあれば、ごく自然に行われることもあります。

スポンサーリンク

男性心理の常として、気になる相手の身体に触りたいというのがあります。
これは雑談を交わしている最中にボディタッチをするという行為によって表現されます。
こうした態度は、友達だと思っている女性が相手でも示されることがあるのですが、いつも男性の方から相手の身体を触っているのであれば、少なくとも異性として意識していることを意味しています。
また、彼らは自分から話しかけるときに、笑顔を絶やさないのを常とします。
これは接しやすい相手だというアピールをするためなのと、好きな相手と話しているので楽しいと感じているからです。
いつも仏頂面で接せられて喜ぶ女性はいません。
そういう意味から言えば、彼らは笑顔で自分の点数を稼いでいるのです。
彼らは気になる異性と話すとき、相手が振ってきた話題に対し、多少オーバーなリアクションを交えたり、大げさに褒めたりします。
これは相手の話に関心を持っているということを示すためです。
褒められて悪い気がする人はいないというのも、踏まえた上でやっているのです。

スポンサーリンク