年下 男性 好意 言動

年下男性の好意を感じさせる言動とは

スポンサーリンク

恋愛に年齢は関係ありませんが、年下の男性だからこそ見せる癖というものが存在します。
それは相手の女性に対し、自分が年上好きであることを公言することです。
これはストレートに、相手に対し自分はあなたのことを恋愛対象として見ていると表現していることになります。
人は異性から好意を感じさせる言動を向けられて嫌な気分になることはありません。
彼らはそれを計算した上でやっているのです。
年下の男性が相手に対し好意を示す方法としては、決して敬語を使わないというのがあります。
これは相手のことを軽んじているからそうしているのではなく、強い親しみを感じているからこそそうしているのだと、言動で示すことを表しています。
このため、彼らはメリハリをつける意味もあって、他の年上女性が相手だときちんと敬語を使って接します。
そしてそれを見た年上女性が、自分だけ特別扱いされているのに気付き、相手に対する好意を深めるという寸法です。
彼らはその辺の計算ができているのです。

スポンサーリンク

年下の男性の好意を感じさせる言動としては、相手がメールを送ってきたら、即座に反応するというのがあります。
これは自分が相手のことを何より大切に思っているということを表現するため、文面もきちんとしたものとなります。
一緒に出かけた際に、重たいものを自分から持ってあげたり、彼女に危険が及ばないように、道路側を歩いたりするのも、その特徴の一つです。
彼らにしても、男性としてか弱い女性を守りたいとの意識があるため、そういう行動に出るのです。
また、彼らは好きな相手の情報を収集するのに余念がありません。
そのため、欲しいと思っていたものが誕生日にプレゼントされるというのも、珍しくないのです。
自分が好きだと言っていたものを覚えていて、しかもそれを大切な記念日に贈ってくれる相手となれば、向こうもその評価をアップさせます。
このように、彼らは全てを計算の上で進める傾向にあります。
しかしそれは相手の気分をよくすることに繋がるため、見抜かれても敬遠されることはありません。

スポンサーリンク