うつ病 彼氏 彼女 音信不通

自分の彼氏や彼女がうつ病で音信不通になった場合について

スポンサーリンク

自分の大切な彼氏や彼女が音信不通になった場合、その容態はとても心配になる事が多いといえます。
同棲をしているカップルの場合は毎日顔を見る事になるので容態を確認できますが、そうでないカップルの場合は彼氏や彼女との連絡手段は電話やメール又はラインが主になります。
この場合、恋人がうつ病の症状を発症している時はメールやラインなどで連絡をしても音信不通になる可能性があります。
うつ病は症状の程度や個人差はありますが、一般的に恋人に対しても連絡をするのが重労働な人が多いからです。
人によってはメールやラインどころか食事や起き上がる事さえも重労働になるケースもあります。
またメールやラインというのは文章同士の交流のために、相手に誤解のはい失礼のない文章を書く必要があります。
うつ病を発症する人の中には真面目な性格も多いため、自分のメールやラインの文章が恋人に失礼ではないかと考えすぎて音信不通になってしまう人も存在します。
したがって恋人から連絡がない場合は相手の状況に配慮する必要があります。

スポンサーリンク

交際をしている彼氏や彼女かうつ病となって音信不通になった場合、相手は恋人に病気で迷惑をかけたくないという思いが強すぎて連絡をして来ないケースもあります。
健康な恋人同士なら考えすぎだと思われる事であっても、うつを患っている人には真剣に考える事である場合もあります。
そのため、恋人が病気で苦しんでいるときは連絡を強要せずに暖かい気持ちで見守る事も大切です。
連絡が来ない期間は例えば恋人のためにうつ病関連の本を読んだり、回復のためにサポートするテレビ番組を鑑賞する事も可能です。
そして彼氏や彼女が病気から回復しつつある中で連絡をしてきた時には、焦らずゆっくり治療する旨を伝える事が大切です。
うつの時は自分がダメな人間で孤独だと錯覚してしまう人もいますので、自分自身は恋人に寄り添う気持ちでいましょう。
音信不通であっても大丈夫という事を伝えると恋人は安心する事が多いといえます。

スポンサーリンク