好意を持たれている サイン 男性

好意を持たれている男性のサインとは何か

スポンサーリンク

好意を持たれているサインとは何かと考えている人は、世の中に少なくありません。
しかし恋愛に指南書などなく、ピンと来ないという人が大半です。
しかし、恋愛感情とは隠していても表面に滲んでくるものであるため、そのサインを見抜く方法はいくつか存在します。
まず、相手が誰を見ているか確認するようにしましょう。
男性は好きだと感じている女性の姿をつい目で追うものですから、いつも特定の相手を見ているというのであれば、それは好意からそうしているのだと考えて差し支えありません。
好意を持たれているサインとしては、雑談中に交際相手の有無を聞いてくる、というのがあります。
男性は恋愛対象として見ていない女性が誰と付き合っていてもあまり気にしませんが、自分が好きだと感じている相手となると話は別です。
そのため、交際相手がいないと告げて、相手がそれを喜んでいる節が見受けられたら、それは好意を持たれているサインだと考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

好意を持たれているサインとしては、間接キスを拒否するというのがあります。
友人同士で同じ飲み物を口にするのは珍しくありませんが、それを明確な形で拒否するのであれば、相手のことを異性として強く意識している証拠となります。
このとき、自分が先に口をつけたものを相手に渡さないという行いもそれに含まれます。
単なる潔癖症との違いは、そこに照れが混じっているかどうかです。
気になるのであれば、相手の表情をよく見るようにしましょう。
メールから相手の好意を読み取る方法があります。
それは返信速度のチェックです。
極端に遅いか早いのであれば、それは好意に基づいたものだと考えるようにしましょう。
それは何故かと言いますと、男性は好きだと思っている相手からメールが送られると、照れくさいと感じる気持ちがあって返事が遅れるか、慌てて返すかのどちらかになることが多いからです。
そのため、いつも普通の速度で返してくるのであれば、単なる友達だと思われている可能性が濃厚だと言えます。

スポンサーリンク