好き避け 後悔 男性 パターン

好き避けして後悔する男性のパターン

スポンサーリンク

恋愛に対しシャイな男性は珍しくありません。
これは男子校などで過ごした人だと特に顕著です。
彼らは異性への接し方が分からないため、好きになった後もそれを相手に言えないことが多いのです。
そのため、いわゆる好き避けをしてしまいます。
これは何とも思っていない相手ならば普通に接することができるのに、好きな相手だとそれができず、避けてしまう状態を指します。
彼らの特徴は、好きな相手とまともに目を合わせられないことです。
そのため、会話の機会を得られても、つい目をそらしてしまいます。
そしてそれを後悔する傾向にあります。
彼らにしても、相手を傷つけたのではないか、という自覚は持っているのです。
こうした状況から抜け出すためには、相手と会話の機会を得たときには、その目をまっすぐ見据えるようにしましょう。
ただし、気合いを入れすぎると睨んでいるようになるため、意識して自然体を演出する必要があります。
後悔しないためには、相手と自然に接することから始めましょう。

スポンサーリンク

好き避けして後悔する男性のパターンとしては、相手のことを無視することも含まれます。
これは隣の席にいても一切話しかけなかったり、集団行動中も、他の人とは会話をしたのに、気になる人とだけは一言もしゃべれなかった、というものです。
これは意識過剰が原因です。
何かしゃべったらそれだけで気持ちが見抜かれるのではないか、と考えるのはやめるようにしましょう。
わざと避けるのもいけません。
向こうがこちらに向かって歩いてきているのに、いきなり進路を変えるというのは、最もやってはいけないことだからです。
相手と目を合わせるのが無理ならば、軽い会釈を交わしてすれ違うようにするなど、最低限の対応はするようにしましょう。
好き避けをする男性だと、メールの返信速度も遅れがちになることがあります。
男性は筆無精な人が多いので、相手の女性も多少返事が遅いぐらいなら気にしない可能性が高いのですが、あまり間を開けすぎると、嫌われているのだろうと、向こうは受け止めてしまいます。
急いで返事を書く必要はありませんが、相手を傷つけない程度に返信はするようにしましょう。

スポンサーリンク