好き避け 後悔 女性 言動

好き避けする女性は後悔する言動に注意!

スポンサーリンク

好き避けとは好きな相手だからこそ遠ざけてしまうというものです。
これは社会人になるまで、異性と殆ど接した経験を持たない人がよくやるものです。
では、それが女性ならどのようなことをしてしまうのかと言えば、気になる異性と話をしているときほど、仏頂面になる傾向にあります。
これは好意を悟られるのが恥ずかしいという気持ちと、緊張感がそうさせているのです。
しかし、傍目から見れば終始不機嫌そうなので、話をしている男性も、自分は嫌われているのではないか、と感じることが殆どです。
そして彼女たちは、せっかくの会話の機会を無駄にしたと後悔することが多いのです。
この状況から脱却するために必要なのは、過剰な緊張をしないことと、好意を悟られるのを恥ずかしいという気持ちを振り切ることです。
恋愛とは、自分から動かなければ何も決まらない部分があります。
あのときああしていれば、という後悔をしないためにも、自分の気持ちに素直になることが大切なのです。

スポンサーリンク

好き避けをする女性の特徴としては、相手に対する言動がきつくなることがあげられます。
これは好きになった相手が職場の部下だと、より顕著になります。
もし相手のことを甘やかした後に、周りに気持ちに気付かれると、えこひいきをしていると批判される恐れがあるためです。
しかし彼女たちは相手の男性に厳しい態度で接した後に、嫌われたのではないかと考えて落ち込む傾向にあります。
これをどうにかするためには、相手に対し感情的に接するのをやめることです。
恋愛対象として見ている相手、という意識を捨て去れば、言動が厳しくなることもなくなります。
好き避けをする女性の特徴としては、他に相手の存在を徹底的に無視してしまうことがあげられます。
これは隣の席に座っても一切会話を持たなかったり、集団でいるときも、相手がいないような感覚で対応するという状態を指します。
これは目を合わせるのも恥ずかしいという気持ちの表れなのですが、無視された相手からは嫌われていると思われることが多いので、控えた方が賢明です。
後悔しないためには、自分の方から相手に話しかけるようにしましょう。

スポンサーリンク