既婚者 好き避け 態度

既婚者の好き避けを態度から見抜くには?

スポンサーリンク

既婚者と言えば、恋愛的には安全パイだというイメージがあります。
配偶者がいるのだから、そうした問題を起こす人ではないだろうと、誰しもが考えているからです。
しかし、人間の恋愛に対する欲求は、社会的立場や家庭というものがあっても、それを無視させる傾向にあります。
では、好き避けをしている既婚者の態度とはどのようなものかと言いますと、相手の顔を暇さえあれば見ようとしているのが、まず挙げられます。
これは好きな人の動向が気になるからそうしているだけで、彼らに悪意はありません。
また、自分の気持ちを見抜かれることに対し、彼らも用心しているため、うっかり目が合っても偶然という体を装います。
このため、何となく目が合う回数が増えた既婚者がいたら、好き避けからそうしている可能性があると考え、用心した方が無難となります。
無用なトラブルを避けるために必要なのは、注意力と観察力です。
これらは日々の気構えで養えるため、余裕があれば身につけておきましょう。

スポンサーリンク

既婚者がする好き避けとしては、特定の相手に対し、きつい言動を取ることもあげられます。
好きな人に対して厳しい態度で応じるというのは、一見すると矛盾していますが、これは自分の気持ちを誤魔化しながら、周囲の目も欺くためです。
そうしていれば気持ちが見抜かれるということは、まず起こりません。
また、彼らはそうした態度をメールでも見せることがあります。
会社の同僚であれば、事務的な連絡を取る関係上、メールアドレスを交換しているのは珍しくないのですが、彼らはそれを利用して相手のプライベートなどを確認することがあります。
最初は事務的なやりとりしかなかったのに、だんだんと雑談ばかりになり、最後には交際相手の有無などを訊ねられるようになったというのであれば、用心をする必要があります。
会社の飲み会なども注意が必要になります。
これはアルコールが入ると、人は大胆になるからです。
彼らとそれをきっかけに問題を起こしたくなければ、なるべく長居しないようにしましょう。

スポンサーリンク