嫌い避け 職場 態度

嫌い避けの職場での態度

スポンサーリンク

女性と一緒に働いているという人がいます。
毎日顔を合わせるということで、相手が自分に好意を持ってくれているのではないかと勘違いしている人も少なくありません。
しかし女性は自分の気持ちを明らかに態度や行動、このほかには顔に表すことが少なくなっているので、本当の気持ちを理解することが難しくなっています。
職場や学校で気になる女性がいるという人がいますが、避けられているような感じがしても、それが好き避けなのか嫌い避けなのか分からないという人もいます。
したがってこれらの違いをしっかりと把握しておくことが必要になります。
職場では嫌い避けの場合、どのような態度をとるのかというと、視線に注目をします。
女性は好きな人と嫌いな人がはっきりしていると考えられています。
日本ではあまりはっきりとさせるというのはよくないと考えられているので、社会に出ても人間関係を乱してしまうということであまり態度に表さないということが多いです。

スポンサーリンク

したがって職場では態度で表さずに視線に現れているということがよくあります。
好き避けをしているのか嫌い避けをしているのかはっきりと判断をすることができない場合もありますが、好き避けをする女性は、好きな男性にじっと見つめられるとすぐに目を伏せてしまいます。
しかししばらくすると相手を見つめ返すということが行われています。
相手を見ていると、見つめられてうれしいという気持ちが態度やしぐさに表れているのがわかります。
また普段の生活の中で好きな人の姿を目で追っているというような様子も見ることができます。
これが嫌い避けになるとこのような行動を見かけることがありません。
目線があってもすぐにそらしたり、その後素っ気ない態度をとったりということがあります。
このように女性の様子は好きか嫌いかで異なっているので、判断することができます。
そのなかでとくに視線や目線ということに注目をしてみるようにします。
職場ではあからさまな様子を見せるということはありません。

スポンサーリンク