人見知り 特徴 女性

人見知りする女性の特徴

スポンサーリンク

人見知りをする女性は、男性女性問わずに苦手意識を持っています。
特徴としては、特に異性に強い苦手意識が出ることが多いです。
恋愛面でも、人並みに憧れはありますが、男性と話すだけでも緊張してぎこちない接し方になったり、話し方になったりするのです。
人見知りをする女性が、本心からリラックスできる状況でないと常に緊張しています。
多くの人は、初対面の人と話したりするときは緊張します。
人見知りする女性は、これ以上の緊張が常に続いているということです。
しかし、誰にでも緊張するわけではないのです。
例えば親や兄弟にはリラックスした状態で接しているはずです。
つまり人に慣れるまでに時間がかかるタイプの人だと思えばいいのです。
接し方としては、時間をかけて徐々に慣れていく必要があります。
相手に好意を持っているなら、しっかりと特徴をとらえてデートすることです。
会うのであれば、短い時間で、会話がないと間が持たないようなところは避けてデートするといった配慮が必要になります。

スポンサーリンク

人見知りする女性には、おとなしいタイプの方が多く見受けられます。
おとなしいタイプの女性が好きな男性は多いのですが、いざコミュニケーションをとろうと思ったら、どうしたらいいかわからなくなります。
そもそも物静かで口数が少ないため、相手の気持ちを引き出すのが難しいのです。
こういった場合は、相手から話をしてもらえるように警戒心を和らげることに努めます。
最初は、挨拶から始めます。
あたりまえのことに思えるかもしれませんが、人見知りの相手にとっては意外にハードルが高いものです。
挨拶ができるようになれば、少しづつ話すことができるようになります。
挨拶した後に、天気の話などを盛り込むと話に反応が返ってきます。
その時もイエスかノーで答えられる質問をしてあげると親切です。
「天気がいいね。」と話しかければ「うん」といった返事が期待できます。
最初から「何してるの?」といったハードルの高い質問をしてしまうと答えることが難しくなります。
人見知りの相手の特徴をとらえて、最初はイエスかノーで答えられる話をすることで徐々に打ち解けることができるようになります。

スポンサーリンク