女性 嫌い避け 態度 特徴

女性の嫌い避け態度や特徴は?

スポンサーリンク

女性は異性に対する気持ちを顔に表さないということが多くなっているので、その心理をしっかりと把握することが難しいと考えられています。
したがって一緒に仕事をしている人にとっては、気持ちを理解しにくかったり勘違いしやすいということがあります。
嫌い避けという言葉がありますが、この時に女性はどのような態度をとっていたり特徴があるのかが気になります。
好き避けや嫌い避けという言葉がありますが、これらの違いを理解しているという人が少ないです。
その結果、勘違いしていたり相手の気持ちがわからないということが発生してしまうのです。
相手のことが好きなのに、何かの理由で避けてしまっているという人がいます。
これが好き避けになります。
これに対して相手のことが嫌いで避けてしまうというのが、嫌い避けになります。
このように似た言葉でも大きく意味が異なってくるというのをしっかりと理解しておきます。
女性の嫌い避けの態度や特徴は次のようになっています。

スポンサーリンク

この時の態度や特徴としては、目線で判断をすることができます。
好きな相手と嫌いな相手への気持ちがはっきりとしているという特徴があります。
したがって学生などの時には顔を見ただけですぐに分かるという人も少なくありません。
しかし仕事場では嫌いな人にも自分の気持ちをむき出しにするというのが少なくなってきます。
これは社会のマナーとして身につけているのです。
そこでこの気持ちを理解する方法として目線があります。
好き避けの場合には、相手から見つめられるとびっくりしますがうれしくなります。
したがって相手のことを見つめ返したり相手を意識するというような行動があれば、相手に対して好意を抱いていると判断することができます。
このように意識をするようなしぐさがあれば、相手は自分のことを意識していると判断することができます。
しかしこのような様子が見られなければ、嫌い避けの可能性が高くなります。
あまり過度に話しかけたりしないようにします。

スポンサーリンク