既婚者 好き 態度

既婚者が好きだと態度で示しても用心したい時

スポンサーリンク

職場や趣味の集いで既婚者から好意があるような態度をとられる事があります。
自分自身も相手が好きだった場合簡単になびいてしまいがちですが、既婚者との恋愛は民法に引っかかってしまいますので用心が必要です。
まず既婚者が自分に向けてくる態度が本気なのかどうかを見極めましょう。
結婚している人の中には一時の遊び相手を求めている人も存在していますので、相手の好意が本気かどうか探る必要があります。
そのためには相手が親しくしている友人に紹介してもらえるかどうか聞いてみましょう。
人間にとってこうした人間関係は生涯続く大切なものです。
先々「切りたい」と考えている異性を友達に紹介したいとは思わないのです。
また好きだと言ってくれる人が伴侶とどのような関係なのか用心する必要があります。
もしも既に離婚を前提に別居しているようでしたら好きと言ってくれる事実に間違いはありませんので安心しましょう。
逆に伴侶と生活を続けている際に既婚者と深い仲になってしまった場合、訴えられる事もありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

既に結婚している異性と真面目な恋愛をしたい場合、まず民法上問題になるような行動を慎む必要があります。
日常的に会う事はモラル上問題はありませんが、肉体関係を結ぶのは違法ですから注意しましょう。
こうした証拠を押さえられてしまった場合、法的に罰せられるだけでなく場合によっては世間体にも傷が付くのです。
もしも自分に好きだと言ってくれる既婚者の人が、離婚する前から肉体関係を望んでくる場合は用心する必要があります。
逆に離婚するまでそうした関係を求めず誠実な態度をとり続けてくれる場合は安心しましょう。
特に、周りの人達に好意をオープンにしてくれるケースであれば問題ありません。
もしも既婚者の方から「好き」と感じられる態度は示してくるのにそれが確実な好意の表れか分からない場合、注意が必要です。
相手から告白されるのを待って異性の気持ちを高めようとする人間は自分の逃げ道を用意しているものですから、危険なのです。
自ら告白しないようにしましょう。

スポンサーリンク