うつ病 音信不通 期間

うつ病で音信不通になったら必要になる期間

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「うつ病で音信不通になったら必要になる期間」についてお話をしていきたいと思います。
付き合っている人がうつ病になってしまい、音信不通になってしまうことがあります。
この場合、忍耐強く相手が元気になれるまで待つ必要があります。
実は私も以前うつ病になったことがあります。
しかも人生で二度、別の時期にうつ病になりました。
毎回つらい思いをしましたが、うつ病を発症している時は、確かに誰とも連絡を取りたくなくなります。
自分の恋人とすら、話すことが億劫でした。
うつ病を発症して薬を飲んでも、全然症状が改善されず、苦しかったし、結局、何か物事が上手く行かなくなったのを周囲の環境のせいにしている間は何の変化もありませんでした。
やっと自分の視点を変えて、先に行かなければいけないと思った時に、自然に治っていたのです。

スポンサーリンク

だから、あなたの恋人もこのようなプロセスを踏んで行く必要があるでしょう。
そのために要する期間はもしかしたら、一ヶ月かもしれないし、人によっては一年かかるかもしれません。
これは待っている当人にしたら、辛いことだと思います。
でも相手を好きだったら、少なくても一年は待ってあげましょう。
また、全く音信不通の状態が続くのではなく、数日遅れて返事が来るという状態が続く場合があります。
この場合もうつ病を治すまでには少々時間がかかります。
うつ病の人は、それでもやっとの思いであなたに連絡を取っているのかもしれません。
だから、あなたの思い通りに返事がもらえなくても怒らずに、そっとしておいてあげましょう。
また、うつ病の人と接していると、自分もうつ病のようになってしまうことがありますので、相手を思いやる気持ちとは別に自分のことも大事にしてあげてくださいね。
そして、相手を支える事が辛いと感じたら、周囲の人やカウンセラーに相談するなど、自分一人で問題を抱え込まないようにしましょう。

スポンサーリンク