音信不通 別れのメール

音信不通の後の別れのメールについて

スポンサーリンク

音信不通はカップルの別れのきっかけとなることがあります。
連絡を断つ側が別れの準備として敢えて音信不通としている場合があるのが、時に厄介な点です。
突然の別れ話は愁嘆場となる可能性が高く、出来れば避けたいという気持ちがこういった行動の背景にはあります。
徐々に距離をおくことによって、相手に自分の気持ちや行く末を予測させることがこの場合の音信不通の目的です。
実の所、一定期間連絡を断った後には別れの意志も伝えやすいと言えます。
電話や別れのメールで関係を終わらせるケースも多く、出来る限りダメージを抑えたいというのが最近のカップルの傾向です。
相手を傷つけない別れ方としてこのような方法を伝授する恋愛アドバイスもあり、特に若いカップルの一つの別れのパターンとなっています。
こういった別れ方には賛否両論あるのが実際の所です。

スポンサーリンク

従来別れ話は直接会って話をするのが常でした。
現在では電話やメールが普及しているため、距離を置きながら自分の意志を伝えることが可能です。
別れのメールは別れたいという気持ちをやんわりと表現することが出来ます。
音信不通の後の場合には、メールを受け取った側もある程度諦めの気持ちが湧いてきていることが多く、突然のショックは比較的弱くなるのが一般的です。
この手の別れ方を、優しさと解釈するか不誠実と解釈するかはかなり意見が分かれる所です。
お互いの関係や個々のパーソナリティによっても受け止め方は変わってくるため、実の所本人同士にしか真実は分からないと言えます。
別れのメールの場合には曖昧な印象を与えることも多々あり、その後も復縁に希望をかけるケースが見られるのが問題です。
復縁はかなり時間がかかると考えられますので、別れのメールを受け取ったら、相手に執着せずにポジティブに新しい恋をスタートするのがベストと言えます。

スポンサーリンク