うつ病 音信不通 別れ

うつ病の恋人と音信不通になった時に別れを防ぐ

スポンサーリンク

うつ病の恋人と音信不通になってしまうと、別れを覚悟します。
ただ心に余裕を持っていることで、別れなくてもすむようになるのです。
うつ病の状態によって、気分が落ち込んでしまうこともありますが、この状態になってしまうと進んで連絡を取ることができません。
気力自体が低下してしまうので、積極的な行動がとれなくなってしまうのです。
連絡を入れても音信不通になってしまうと、嫌われてしまったと勘違いしてしまいますが、実際には相手から嫌われていないのです。
うつ病の恋人がいる方は、この前提条件を知っておく必要があります。
音信不通になってしまったからと諦めることなく、相手から気長に連絡を待つ余裕を持ってみるとよいでしょう。
精神的な調子が良くなることで、自ら連絡を入れられるだけの気力も戻ってくるため、別れる心配もなくなります。

スポンサーリンク

うつ病の音信不通は、体調の回復により解消できますが、その間に適度な連絡を取っておくと、相手に負担をかけずに関係性を保てるようになってきます。
相手に対して負担になるのを避けるために、一切の連絡を絶ってしまうと、お互いに連絡を取りづらくなってきます。
その点、負担にならない間隔でメールを入れていれば、待っている気持ちがあることを表わすことができるので、相手も連絡を入れやすくなるのです。
体調が安定しないときには、メールしても返信が来ることはありませんが、返信を期待することなくメールをいれれば、不満も溜まりません。
お互いに焦ることなく関係を続けていけば、体調に合ったお付き合いを行っていけるようになるでしょう。
うつ病の恋人と別れることなく付き合っていくためには、お互いに負担にならないコツを守りながら付き合って行くとよいです。

スポンサーリンク