音信不通 いつまで待つ

音信不通となった恋人をいつまで待つか

スポンサーリンク

人生相談で、音信不通となった恋人をいつまで待つべきかという相談が多々あります。
連絡が来なくなった彼氏や彼女を待つのは、大変辛いことです。
しかし、音信不通になるには、それなりの理由があります。
その理由如何によっては、いつまで待つか、待たないのかの判断が違ってきます。
明らかに自分の方に非がある場合、誠意を込めて謝罪することが大切です。
相手を怒らせたのに、ただ待ち続けているだけでは、何の進展もありません。
不仲の原因がこちらにある場合は、必ず謝りましょう。
このようなケースでは、割と早く仲直りができるものです。
ただ、世の中には、理由もわからずに恋人が連絡をしてこなくなった事例が数多くあります。
携帯にもメールにも応答なしとなったら、これは赤信号と言わざるを得ません。
待つか、待たないかよりも、先に行動をしなくてはなりません。

スポンサーリンク

もし、恋人が貴方に愛想尽かしをして音信不通となったのなら、下手をするとそのまま連絡が途絶えることがあります。
そのような時、貴方がじたばたしても結果は一緒です。
このようなケースでは、第三者を間に入れるべきでしょう。
できるだけ、貴方とも恋人とも信頼を置いている人に動いてもらうようにしましょう。
貴方サイドの友人、知人はなるべく避けた方が無難です。
お相手は、公正な立場で接してくれる人なら、信用して自分の気持ちを話してくれるはずです。
しかし、貴方の親友が訪ねたとなると、警戒する気持ちの方が強くなります。
間に入ってもらう人を選ぶのも注意が必要です。
そして、お相手の人とのコンタクトが可能となったら、手書きの手紙を渡してもらうことも、よりを戻すのに効果的です。
自分の気持ちを素直に伝えることで、相手の気持ちも動くというものです。

スポンサーリンク